限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事  手法を教えることはできないのか? の続き

またコメントもいただいたのすが、その回答は次回書きます。




その前に・・・




もうひとつのエントリーポイントを。


前に説明したエントリーポイントでロングしたとします。
そして3pipsで利食い。(仮定)
3_20130223112645.jpg



利食い後もググっと上昇しました。
そこで今度はショートの準備。
4_20130223225846.jpg



ググっと伸びた陽線が【1】のように若干の上ヒゲをつけた瞬間にショート。
このポイントは利幅を狙っていいポイントです。
値幅を狙うっていっても勝率重視の手法なので、5~10pipsくらいです。
5_20130223225847.jpg

でもこのショートにはひとつエントリーの条件があります。

それは上位時間軸が下げ方向であること。

具体的には5分足、30分足両方がバンドウォークで下げている状態であるが望ましい。

そして上位時間軸がバンドウォークしている状態であれば、個人的には最初のロングのエントリーの前にショートも狙いたいです。




こんなうまくいくんかい!って言われそうですね。


うまくいく時はボラがあるときです。


最初のロングが損切りってパターンもありますが、そしたら再度下げ止まったと思われるポイントでロングし直します。



手法の概要は以上。



数字はこんな感じ。

勝率 約65%

リスクリワード比率 1~1.2

1日で20~60回くらいのエントリー(18時~24時)




が、ここでこんな問題が・・・。



ロウソク足が10pipsくらいの長さになったらエントリーの準備するなら、じゃあ8pipsくらいだったらどうなの?

若干ヒゲをつけたらエントリーってどのくらいのヒゲの長さ?



これについてはまた次回・・・。


関連記事


【2013/02/23 23:48】 | MY手法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。