限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突ですが、

2つの手法があります。

どちらを選びますか?


(1)勝率60% ペイオフレシオ2.0

・10回のうち6回勝ち、勝つときは平均40pips、負ける時は平均20pipsと仮定する。

(2)勝率50% ペイオフレシオ1.5

・10回のうち5回勝ち、勝つときは平均30pips、負ける時は平均20pipsと仮定する。

※両方ともトレードでチャート画面に張りつく時間はいっしょだとします。



勝率は(1)が上だし、損切り幅は同じで

勝った時の利幅の大きさは(1)の方が上だし、

(1)の方がいいかな・・・


確かにそうかもしれませんが、

この数字だけでどちらを採用するか決められるかどうか。




あと他に考慮しなければいけないこと、


一定期間内にエントリー回数がどれだけあるかによって変わると思います。




(1)の手法は1ヶ月に平均5回エントリーする手法。

(2)の手法は1ヶ月に平均40回エントリーする手法。



だとしたら、



1ヵ月後の結果は・・・



 

(1)

(2)

勝 率

60.0%

50.0%

勝ちトレード

3

20

負けトレード

2

20

ペイオフレシオ

2.0

1.5

獲得pips

80

200



という結果が期待できます。


さあ、どちらを選びますか?


チャートに張りつく時間がいっしょと仮定したので

ほとんど全員(2)を選ぶのではと思います。



エントリーポイントを絞って勝率、ペイオフレシオを上げても

エントリー回数が少なすぎては意味がなし。



どういうトレードスタイルを目指すのか、

順張り、逆張り、

スキャル、デイトレ、スイング、

トレードする通貨ペアの選択、

エントリー、エグジットのやり方、

損切り幅、利幅、

トレードする時間帯、

どのテクニカル分析、インジケーターを使うか、

または使わないべきか。



考えなくちゃいけないことはたくさんあります。



なんでこんな記事を書いたかというと、

自分自身が試行錯誤してるからです



ただ、ひとつ言えるのは、


自分の性格、生活環境にあったスタイルを見つける必要があること、


でしょうか。



ブログ更新のはげみになりますので
お好きなのを1つだけポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 為替ブログ ポンド円へにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 

 



【2010/02/21 16:41】 | どういうトレード手法にすべきか
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。