限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。

ゴルフ練習場での事件!

先々週の休日にいつものようにゴルフ練習場に行きました。


受付を済ませ、練習打席へ。


そんなに混んではいなかったのですが、
自分のスイングが見える鏡が付いている打席へ入りました。


となりでは年齢50代後半くらいの男性がが練習されていたのですが、
結構上手な方でいい打球を連発されてました。


その方は左打ちだったので背中合わせで打つことになったのですが・・・。


「さぁ~て、今日もやるか!」


ウォーミングアップを済ませ軽く打ち始めました。


「う~ん、まあまあ調子いいなぁ」


そして1時間くらい経った頃、いつもどおりバックスイングをすると








ガシャーン!!



私 「ん?」


後ろを見ると・・・


折れたドライバーと「あ~、やっちゃった」という後ろの男性の声。


すぐには事態が飲み込めなかったのですが、
どうやら隣で打っていた方のドライバーと私のスプーンが
衝突事故した模様


後ろの方は左打ちで、私と背中合わせで打っていたために
バックスイングした時のクラブとクラブの距離が近くなってしまったため
衝突した模様でした。


ちなみに私のスプーンはほぼ無傷でした・・・




私 「すいません・・・」



男性 「あ~、折れちゃった。どうしよう・・・」



私 「すいません・・・」



男性 「ゴルファー保険に入ってるんで大丈夫かもしれないけど・・・」



後から知ったのですが、ゴルファー保険に入ってるとクラブの破損や
他人を打球でケガさせてしまった場合など、保険金がおりるようです。



男性 「とりあえず受付までいきましょう」



男性といっしょに練習場の受付までいきました。


どうやら保険金がおりるには、練習場の証明書が必要なようで。


受付で証明書ができる間、お互いの連絡先を交換しました。



男性 「実はこのドライバー、きのう買ったばかりなんです」



私 「そうだったんですか、どうもすいません」



ドライバーを見ると某有名メーカー(石橋)の上級者向けのモデルでした。


男性 「来週コースに行くんで、ドライバー打つの楽しみに練習に来たんですよ」



私 「すいません・・・、弁償します」



男性 「6万3千円くらいしたんです」



私 「6万円・・・」



男性 「多分保険おりると思いますけど。今、お金ないですよね」



私 「ATMでおろしてきます」


お金をコンビニのATMでおろしてきた私は
男性にお金を男性に渡しました。


男性 「正確には62,750円で買ったんで、
    とりあえず6万2千円でいいですよ」



私 「はい、分かりました」



男性 「なんか私が吹っかけてるみたいだから、買った店に電話しますから
    店員の人に値段聞いてください」



男性がそのドライバーを買ったゴルフショップに電話をして
電話で店員と話すと、どうやら値段は本当のようでした。


男性 「とりあえず、保険会社に連絡とってみますよ」



私 「はい」



男性 「気にしないでください。こういうことはしょうがないですから」



私 「どうもすいません」



そして男性と別れ、練習場を後にしました。



私 「6万2千円かぁ~、半分でも返ってくればなぁ~。
   いや、もうこのお金のことはあきらめよう。
   相場ではこの何十倍も損したんだから」


左打ちの方の真後ろで打ち始めた自分が悪いんだろうし・・・


ため息しか出ません・・・



さあ、6万2千円のゆくえやいかに!


そしてその男性の正体とは!!


っていうのは冗談ですが、続きはまたUPします。



ポチっ、としていただけるとブログ更新のはげみになりますm(_ _)m
              ↓
       にほんブログ村 為替ブログへ
         にほんブログ村
関連記事
コメント
No title
おはようございます。

あらら・・・とんだ災難でしたね(><)
まぁ、最小限の損切りで済んだ感じで・・・
保険で戻ってくるといいですね!!
続き楽しみにしています。
今日もがんばっていきましょう(^^)vぽち5
2009/11/11(水) 07:53 | URL | bbj #-[ 編集]
bbjさん^^
こんばんは

災難でしたi-183

痛い損切りでしたi-229

ただ、トレードをやっていたおかげでこういうことがあっても
気持ちの切り替えが早くできたかもです。

続きはあとで書きます。
2009/11/11(水) 23:10 | URL | インベスター00 #-[ 編集]
こんにちわ
そりゃ~とんだ災難でしたねぇ

なんか、怪しい話でもありますねぇ・・・
2009/11/12(木) 16:48 | URL | マスティアン #-[ 編集]
マスティアンさん^^
こんばんは

そうですね怪しいですよね。

お金は返ってこないものとあきらめたのですが
続きは今日か明日あたりに書きますi-220
2009/11/12(木) 20:45 | URL | インベスター00 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
記事カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


相互リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
Twitter(つぶやき)
トレード中に頭で考えてることをつぶやいてます(´ε`)
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私の使っている口座
取引量日本一です。
この言葉を胸に生きよ
10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。

なら、今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。
プロフィール

いんべす

Author:いんべす
年齢 30代後半 AB型

自己紹介

2013年12月現在



●’07年6月FXデビュー

●’07年ビギナーズラックもなく、いきなりサブプライムで損失(´Д`)

●’08年以降もなかなか勝てない日々

●’09年3月商材を1つだけ購入して同時にブログをスタート

●’13年過去の損失を利子をつけて相場から引き出すことに成功。

いよいよ専業になる日が近づいてきた(´▽`)

・・・と思ったら会社の仕事が楽しくなってきた(- -)

トレードのつぼ(自分用)
●相場に感謝。
●目先の勝ち負けはどうでもいい。大事なのはルールを守ったかどうか。
●感情ではなくチャートで全てを判断する。
●目先の利益が欲しいのか?それともトータルで勝ちたいのか?
●後悔のないトレードを繰り返す。
●負けているときに実力が問われる。
●何事も起こりうる。
●数万回のうちの1トレード。
ブログランキング
いろいろなブログを見るといろいろな手法、考え方、情報を知ることができますよね(^-^*)
にほんブログ村 為替ブログへ
トレード情報源リンク(自分用)
読んだトレード本 5☆
何回も読み返したい本です。
読んだトレード本 4☆
良い本です。
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み
トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる
投資の行動心理学
トレーダーの心理学―トレーディングコーチが伝授する達人への道
高勝率トレード学のススメ
相場で負けたときに読む本 ~真理編~
相場で負けたときに読む本 実践編
マンガ 投資の心理学 (ウィザードコミックス)
実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法
行動ファイナンス入門
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
はじめてのテクニカル分析―相場の正しい捉え方
FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方
超カンタン アメリカ最強のFX理論
FX チャートリーディング マスターブック 
外国為替トレード 勝利の方程式
天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方
~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX
不合理な地球人 お金とココロの行動経済学
“生涯現役”の株式トレード技術
元プロ・ディーラーが明かす外為FX(外国為替証拠金取引)勝者の条件
二階堂重人の常勝トレード黄金ルール
気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧
投資苑
史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか
億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密
チャーリー中山の投資哲学と堀内昭利の相場戦陣訓
魔術師が贈る55のメッセージ
[オーディオブックCD] 魔術師が贈る55のメッセージ
FXチャート実践帳 スキャルピング編
欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
通貨経済学入門
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
読んだトレード本 3☆
読んだ本(長期投資用)
長期投資のための本
ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
月光! マネー学                                                      
本棚
今までに読んだ本と見た映画です。