限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ為末大さんのインベストメントハードラーという本がクソ本なのか。

一部引用してみます。



株式投資に関する書籍を読んでみて、さらには株を始めてみて一つわかったこと。

それは、株は売らなければ損が確定しないということです。

当然、売り買いを激しくして儲けを狙ったりすれば、損失の機会も増えるのかもしれませんが、長く持つつもりでいれば、売らない限り損は出ないのです。



もちろん、もし売ったら損が出るという含み損は抱えるかもしれません。

しかし、その会社がつぶれない限りはゼロにはならない。

つまり、つぶれない会社を選べばゼロにはならないし、小さな損、中くらいの損はするかもしれませんが、大損はないと私は思ったのです。

これには妙な安心感がありました。





簡単に言えば損切りしないで、戻ってくるのを待つ手法。

昔の私のように損切りをしないことをルールにしていたのです。

それでたまたま30万円を2000万円にしちゃって本を出したのでしょう。

この本が出版されたのは2006年です。



長期投資だから損切りは必要ないとでも思ってるのでしょうか?

でも本を読んだところ長期投資でもないですし、買った銘柄を死ぬまで売らないと言われるバフェットでさえ損切りします。

バフェットでさえ100発100中でないのに、絶対につぶれない会社をどうやって見つけるのでしょうか?

買った値段に戻るまで死ぬまで待つつもりなんでしょうか?



投資論らしいことも書いてありますが、損切りを否定している限り、たまたま勝っちゃったから、調子に乗って本を出したその他大勢の言っていることと変わりません。



非常に残念です。

他の本からは気づきをたんさんいただいていますが、この本はいただけない。

為末さんはリーマンショックを乗り越えられたのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト


【2013/07/23 21:02】 | トレードのための書籍
トラックバック(0) |
為末大という元陸上選手をご存知でしょうか?

ハードル競技でオリンピックに出たことがある方です。



その方が投資本を出していたので買ってみました。

インベストメントハードラーという本です。



結論を先に言います。



クソ本です。



買う必要はありません。



正直、がっかりしました。



為末大さんの本は他に2冊くらい読んだことがあり、陸上競技を通して学んだことが哲学的に語られていて、トレードにも通じることがあり、インベストメントハードラーという本も期待していました。



まあ、あっさり裏切られました。

アマゾンのレビューが評価高いのにはびっくりです。



どこがクソ本なのか、それはまた今度。


【2013/07/22 20:00】 | トレードのための書籍
トラックバック(0) |
相場で負けた時にすべきことはなんですか?




ルール通りの負けならかまいません。

ルールを破って負けてしまった時です。




すべきことは負けとしっかり向き合うことです。




負けと向き合わずに、気分転換に飲みに行くとか最悪です。




負けた事実は消えてなくりません。




そんなもの見たくもないし、思い出したくもないでしょう。




でも、別に向き合わなくてもいいですよ?




勝てるようになりたくなければ。



負けは成長するチャンスなんだけどなぁ。

もったいない。


【2013/07/06 20:59】 | ひとり言 ~トレード編~
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。