限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賭けるゆえに我あり



これはトレード本ではないです。

カジノで約40年、賭博で食ってきた人の本です。

が、私はトレード本に分類しました。

このブログの左側にある、本の評価一覧では5星にしました。

しかも、5星の中でも上位に入りますね。



いやぁ、これだから読書はやめられないなぁ。

またこういう本に出会いたいです。
関連記事
スポンサーサイト

7月19日、スキャルで13連敗したよ!!

19日のトレードにおいて13連敗しました。

いや~、すごい記録ですね!

で、19日現在のスキャル累計成績です。

1

実際の投資資金は50万円ですが、それだと紫の損益曲線が見ずらいので、便宜上1万円にしてあります。

2

19日は7勝19敗でした。

18日に少し勝ってるんで、総獲得pipsは15日と比べてもそんなに減ってないですね。



連敗の原因ですが、相場と合わなかったというのが一番の原因かと思ってます。

ボラもそんなになく、一方向に進むとこに入ってしまったようです。

熱くなったからこうなったのか?とも考えましたが、

う~ん、自分では熱くなってなかったと思っています。

13回連続で普通に損切りできたので。



いやでも自信になりましたよ。

昔なら熱くなって、レバをどんどん上げていったでしょうから。

または、損切りをしなくなってしまうとか、遅れてしまうとかね。




それもなく、いつものポジサイズでエントリーして、損切りをルールどおりの値幅でできました。

しかもこんだけ負けたのに、総獲得pipsはそんなに減ってない!

やっぱり損切りって良いもんですね。



そうは言っても13連敗した原因はしっかり受け止め、今後のトレードに活かしていく所存です。

スキャルを試してみた 7/8~7/15の収支

普段私は5分足をメインでトレードしてます。(ボラティリティーよっては1分足に切り替えますが。)

で、自分のやってることがスキャルなのかデイトレなのか、と言われると、どっちとも言えないです。スキャルとも言えるし、デイトレとも言える。以前よりはスキャル寄りになったとは思いますが、どちらかと言うとデイトレだと思います。

スイングはそんなにやったことないんで、スキャルとの違いは分かりませんが、スイングはせっかちな自分に合ってないということは言えます^^ 

兼業トレーダーだとロンドン時間の動きに参戦できないので、仕事から家に帰ってチャートを見てがっかり、ということが良くあります。なので私も、チョッパーさんと同じで限られた時間でトレードしたいと思い、先々週の雇用統計からスキャルに取り組んでいます。1分足メインで、これはスキャルと言えると思います。

ちなみに7月8日から7月15日までのスキャルトレード結果です。

1

最初の頃は勝率6割くらいでリスクリワード1.2くらいだったのですが、利大を目指すようにしたところ、5割になりました。

2

ある程度データは取れましたが、いろんな相場をトレードしないと、まだ正確なデータはわかりません。この成績が今後どう推移していくか・・・。

手法はオーバーシュートの逆向かい、いわゆる逆張りです。それ以外にも、デイトレで捉えられない小さな動きを、トレンドフォローしたりもしてます。

損切りは基本3pips、利食いは最低3pips以上狙う。

私の場合、スキャルは手法じゃなく、資金管理でトレードしてる感じです。

デイトレであれば、直近の高値安値とか相場にあわせて損切りしますが、スキャルは基本3pips。自分の都合で損切り、少しでも逆行したら損切り。利食いは3pips以上いったら利食い。

あと、一番大事なのがボラティリティーでしょうか。
これがないと私の場合、デイトレもスキャルも成績悪いです。

つまり、1日の値幅に成績が順相関します。

今後もスキャルの検証を続けていきます。(検証と言ってもリアルでやっちゃってますが

プロスペクト理論でよくある問題・・・

プロスペクト理論に関する問題で、よくこういうのありますよね。


あなたはAとBどちらを選びますか?


A 100%の確率で800万円もらえる

B 90%の確率で1000万円もらえる




私なら出題者にひとつ質問したいですね。

質問が許されないなら、Aを選びます。

確実にもらえる方を選びます。



トレーダーとしてはBを選ばなくてはいけないのでしょうか?

本にはBを選ぶ人がトレーダーに向いているってよく書いてあります。

が、私は前からこれはおかしいんじゃないかってずっと思ってました。



まず質問が許されるならこう聞きます。

「選ぶ権利は何回あるんですか?」

それを聞かないと答えられないです。


この問題の感じだと1回きりって感じがするので確実にもらえるAを選びます。

1回きりじゃ期待値がどうとか関係ないと思うので。


おかしいって思ってるのって私だけか?

おかしいのは私か??

チャート設定

そういえば、チャート設定が少し前とちょっと変わったのでUPしてみる。

1

平均足を数ヶ月前から導入した。

MACDとヒストグラムを表示してるけど、あまり使ってない・・・。

他にオシレーターをいくつか試したけど結局削除。

各時間軸のロウソク足の感じと、ボリンジャーバンドの形を重視。

あとは各通貨ペアと原油、金、ダウとの相関具合を重視。



関係ないけど、この動画何回も見たくなるね~
人間てすばらしい


記事カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


相互リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
Twitter(つぶやき)
トレード中に頭で考えてることをつぶやいてます(´ε`)
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私の使っている口座
取引量日本一です。
この言葉を胸に生きよ
10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。

なら、今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。
プロフィール

いんべす

Author:いんべす
●’07年6月FXデビュー

●’07年ビギナーズラックもなく、いきなりサブプライムで損失(´Д`)

●’08年以降もなかなか勝てない日々

●’09年3月商材を1つだけ購入して同時にブログをスタート

●’13年過去の損失を利子をつけて相場から引き出すことに成功。

いよいよ専業になる日が近づいてきた(´▽`)

・・・と思ったら会社の仕事が楽しくなってきた(- -)

トレードのつぼ(自分用)
●相場に感謝。
●目先の勝ち負けはどうでもいい。大事なのはルールを守ったかどうか。
●感情ではなくチャートで全てを判断する。
●目先の利益が欲しいのか?それともトータルで勝ちたいのか?
●後悔のないトレードを繰り返す。
●負けているときに実力が問われる。
●何事も起こりうる。
●数万回のうちの1トレード。
ブログランキング
いろいろなブログを見るといろいろな手法、考え方、情報を知ることができますよね(^-^*)
にほんブログ村 為替ブログへ
トレード情報源リンク(自分用)
読んだトレード本 5☆
何回も読み返したい本です。
読んだトレード本 4☆
良い本です。
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み
トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる
投資の行動心理学
トレーダーの心理学―トレーディングコーチが伝授する達人への道
高勝率トレード学のススメ
相場で負けたときに読む本 ~真理編~
相場で負けたときに読む本 実践編
マンガ 投資の心理学 (ウィザードコミックス)
実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法
行動ファイナンス入門
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
はじめてのテクニカル分析―相場の正しい捉え方
FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方
超カンタン アメリカ最強のFX理論
FX チャートリーディング マスターブック 
外国為替トレード 勝利の方程式
天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方
~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX
不合理な地球人 お金とココロの行動経済学
“生涯現役”の株式トレード技術
元プロ・ディーラーが明かす外為FX(外国為替証拠金取引)勝者の条件
二階堂重人の常勝トレード黄金ルール
気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧
投資苑
史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか
億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密
チャーリー中山の投資哲学と堀内昭利の相場戦陣訓
魔術師が贈る55のメッセージ
[オーディオブックCD] 魔術師が贈る55のメッセージ
FXチャート実践帳 スキャルピング編
欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
通貨経済学入門
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
読んだトレード本 3☆
読んだ本(長期投資用)
長期投資のための本
ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
月光! マネー学                                                      
本棚
今までに読んだ本と見た映画です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。