限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。

プロのギャンブラーの本は勉強になるなぁ

この二つは最近読んだ本。

バカラやポーカーなどのギャンブルとFXは共通項が多く、プロのギャンブラーの本はトレーダーにも参考になります。





以前にも紹介したこっちの方がおすすめだけど。

個人的な読書メモ ~お金のシークレットより~

私、本を読むときはメモを取りながら読みます。

読書法とかの本も何冊か読みましたが、今のところ一番このやり方が合ってます。

なぜメモするかというと、本に書いてあることのほとんどは忘れてしまうからです。読み終わって1週間もすると、どんなことが書いてあったか忘れてしまいます。

忘れてしまうことなんて重要じゃないことなんだ、って考えもあるかもしれませんが、私の場合そうじゃないみたいみたいです。


ただ、メモしない本もあります。

自伝や小説、メモするような重要な部分がない本、逆にメモするところばっかりの本。

メモするところばっかりの本は何回も読み返すような本で、このブログで5☆になってる本です。

手書きでメモするのが一番良いと思いますが、手書きだといかんせん時間がかかるので、パソコンの前にいるときはパソコンでEvernoteに入力。それ以外の外出してる時や布団の中なんかでは、下にリンクしてあるキーボードをiPhoneにつなげてEvernoteに入力してます。


Evernoteに入れておけば、iPhoneでどこでもメモを見れるので便利です。


今日は「お金」のシークレットっていう本からメモしたところを挙げてみました。



・悲観論者は機会を困難に変え、楽観論者は困難を機会に変える。


・一見パターンや傾向があるように見えても、自分に都合よく解釈してないか客観的に検証する。


・漠然とした記憶にたよるのではなく、過去の実績を分析して、どの決断が良い結果をもたらし、どれが失敗したかを検証する。


・未来は過去の繰り返しと思い込むのはやめよう。未来を知るために私たちの脳は、どんな物事にも自動的にパターンを見つけ出すが、未来は誰にも分からない。


・私たちには先に結論があって、それを実証する都合の良い事実だけを選び出す傾向がある。


・あなたの決断は過去の決断とは無関係な、現在の選択でなければならない。過去は過去。


・目標を達成する姿を繰り返し想像すると、実際に経験したことと同じように、鮮明に脳の神経ネットワークに刻印される。


・複雑な動作を頭の中で視覚化すると実際に上達できる。


・間違いとわかっていながらそれを繰り返す理由は、脳がそれを好むから。繰り返しには安心と慣れがある。


・「昔なじみの魅力」は、「新しいものへの恐れ」と手を組んで、より良い未来を目指そうとする邪魔をする。


・楽観的な人ほど集中力と努力を維持することができ、不安やつまずき不満などに心を乱されることがない。


・不安になるのは、あなたが新しい経験に向かって進んでる証拠で、危険やあなたの能力の欠如を示すものではない。その課題を克服するには、不安を乗り越えて前進する必要がある。


・確実な計画などない、不確実なものに耐えるちからこそ、成長に不可欠な要素なのだ。



以上、引用終わり。


もしよろしければ、ポチっポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ人気ブログランキングへ

最強の集中術

って本を読んだ。

人間、いつも集中できれば苦労はないのですが、
集中が途切れることってありますよね。

集中、いわゆるゾーンに入った状態。

どうすればゾーンに入れるのか。

連敗して熱くなったり・・・、
逆に、やる気が出ず適当にトレードしてみたり・・・。

熱くなってるときはどうすればいいか、
やる気が出ないときはどうすればいいか、書いてあります。

自分が今どういう状態にいるのかによって、
対処の仕方が違ってきます。

1_20110119002043.jpg
熱くなっている時は、右側のオーバーヒートにいる状態。

やる気がでないなぁ、って時は左側の意欲低下にいる状態。

真ん中のゾーンにうまく自分を導いてあげることが大切ですね。




ブログ更新のはげみになりますので
もしよろしければ、ポチっポチっと応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ人気ブログランキングへ

『脳を活かす勉強法』という本の私的なメモ

読んだ本の私的なメモです。

私以外にはあんまり役には立ちません・・・。

『脳を活かす勉強法』という茂木健一郎さんが書いた本。

以下、頭に残ったこと。




高めハードルを設定し、それを超えると
脳が快感物質ドーパミンを出して快感を感じる。

そうするとまたその快感が味わいたくて、またやる。

そのサイクルを回していく。


脳に負荷をかける→タイムプレッシャー

成果を他人と比較しても脳は喜ばない。

勉強は速く、量をこなし、没頭してやる。

思い立ったらすぐにやる。

数分と短い時間でも集中してやる。

朝がゴールデンタイム。
(寝てる間に頭が整理されてすっきりしてるから)




ブログ更新のはげみになりますので
もしよろしければ、ポチっポチっと応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ人気ブログランキングへ
記事カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


相互リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
Twitter(つぶやき)
トレード中に頭で考えてることをつぶやいてます(´ε`)
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私の使っている口座
取引量日本一です。
この言葉を胸に生きよ
10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。

なら、今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。
プロフィール

いんべす

Author:いんべす
年齢 30代後半 AB型

自己紹介

2013年12月現在



●’07年6月FXデビュー

●’07年ビギナーズラックもなく、いきなりサブプライムで損失(´Д`)

●’08年以降もなかなか勝てない日々

●’09年3月商材を1つだけ購入して同時にブログをスタート

●’13年過去の損失を利子をつけて相場から引き出すことに成功。

いよいよ専業になる日が近づいてきた(´▽`)

・・・と思ったら会社の仕事が楽しくなってきた(- -)

トレードのつぼ(自分用)
●相場に感謝。
●目先の勝ち負けはどうでもいい。大事なのはルールを守ったかどうか。
●感情ではなくチャートで全てを判断する。
●目先の利益が欲しいのか?それともトータルで勝ちたいのか?
●後悔のないトレードを繰り返す。
●負けているときに実力が問われる。
●何事も起こりうる。
●数万回のうちの1トレード。
ブログランキング
いろいろなブログを見るといろいろな手法、考え方、情報を知ることができますよね(^-^*)
にほんブログ村 為替ブログへ
トレード情報源リンク(自分用)
読んだトレード本 5☆
何回も読み返したい本です。
読んだトレード本 4☆
良い本です。
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み
トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる
投資の行動心理学
トレーダーの心理学―トレーディングコーチが伝授する達人への道
高勝率トレード学のススメ
相場で負けたときに読む本 ~真理編~
相場で負けたときに読む本 実践編
マンガ 投資の心理学 (ウィザードコミックス)
実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法
行動ファイナンス入門
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
はじめてのテクニカル分析―相場の正しい捉え方
FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方
超カンタン アメリカ最強のFX理論
FX チャートリーディング マスターブック 
外国為替トレード 勝利の方程式
天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方
~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX
不合理な地球人 お金とココロの行動経済学
“生涯現役”の株式トレード技術
元プロ・ディーラーが明かす外為FX(外国為替証拠金取引)勝者の条件
二階堂重人の常勝トレード黄金ルール
気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧
投資苑
史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか
億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密
チャーリー中山の投資哲学と堀内昭利の相場戦陣訓
魔術師が贈る55のメッセージ
[オーディオブックCD] 魔術師が贈る55のメッセージ
FXチャート実践帳 スキャルピング編
欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
通貨経済学入門
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
読んだトレード本 3☆
読んだ本(長期投資用)
長期投資のための本
ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
月光! マネー学                                                      
本棚
今までに読んだ本と見た映画です。