限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この二つは最近読んだ本。

バカラやポーカーなどのギャンブルとFXは共通項が多く、プロのギャンブラーの本はトレーダーにも参考になります。





以前にも紹介したこっちの方がおすすめだけど。

スポンサーサイト


【2015/06/26 19:10】 | 私的な書籍データベース
トラックバック(0) |
私、本を読むときはメモを取りながら読みます。

読書法とかの本も何冊か読みましたが、今のところ一番このやり方が合ってます。

なぜメモするかというと、本に書いてあることのほとんどは忘れてしまうからです。読み終わって1週間もすると、どんなことが書いてあったか忘れてしまいます。

忘れてしまうことなんて重要じゃないことなんだ、って考えもあるかもしれませんが、私の場合そうじゃないみたいみたいです。


ただ、メモしない本もあります。

自伝や小説、メモするような重要な部分がない本、逆にメモするところばっかりの本。

メモするところばっかりの本は何回も読み返すような本で、このブログで5☆になってる本です。

手書きでメモするのが一番良いと思いますが、手書きだといかんせん時間がかかるので、パソコンの前にいるときはパソコンでEvernoteに入力。それ以外の外出してる時や布団の中なんかでは、下にリンクしてあるキーボードをiPhoneにつなげてEvernoteに入力してます。


Evernoteに入れておけば、iPhoneでどこでもメモを見れるので便利です。


今日は「お金」のシークレットっていう本からメモしたところを挙げてみました。



・悲観論者は機会を困難に変え、楽観論者は困難を機会に変える。


・一見パターンや傾向があるように見えても、自分に都合よく解釈してないか客観的に検証する。


・漠然とした記憶にたよるのではなく、過去の実績を分析して、どの決断が良い結果をもたらし、どれが失敗したかを検証する。


・未来は過去の繰り返しと思い込むのはやめよう。未来を知るために私たちの脳は、どんな物事にも自動的にパターンを見つけ出すが、未来は誰にも分からない。


・私たちには先に結論があって、それを実証する都合の良い事実だけを選び出す傾向がある。


・あなたの決断は過去の決断とは無関係な、現在の選択でなければならない。過去は過去。


・目標を達成する姿を繰り返し想像すると、実際に経験したことと同じように、鮮明に脳の神経ネットワークに刻印される。


・複雑な動作を頭の中で視覚化すると実際に上達できる。


・間違いとわかっていながらそれを繰り返す理由は、脳がそれを好むから。繰り返しには安心と慣れがある。


・「昔なじみの魅力」は、「新しいものへの恐れ」と手を組んで、より良い未来を目指そうとする邪魔をする。


・楽観的な人ほど集中力と努力を維持することができ、不安やつまずき不満などに心を乱されることがない。


・不安になるのは、あなたが新しい経験に向かって進んでる証拠で、危険やあなたの能力の欠如を示すものではない。その課題を克服するには、不安を乗り越えて前進する必要がある。


・確実な計画などない、不確実なものに耐えるちからこそ、成長に不可欠な要素なのだ。



以上、引用終わり。


もしよろしければ、ポチっポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ人気ブログランキングへ


【2011/06/22 20:29】 | 私的な書籍データベース
トラックバック(0) |

思う
カトリ犬
本の内容で覚えておきたいのに忘れる

インベスター00さんはどんな風にしてるのかなぁ?
って思ったことあります

私は本にラインを引いてパラパラ見直すってことします
これでパット見た時に内容がスッと入ってくるようにしたいんですが・・・なかなか・・・
あ。。なんか私変なこと言ってますね…

あと、何度も見直したいと思いますが、コレもなかなかね。

いい参考になりました
じゃ、また

カトリ犬さん^^
インベスター00
こんばんは^^

トレードもそうですが、試行錯誤して自分に合う方法を見つけるしかないですよね。
本を読んでるときにメモはとるなって言う人もいますが、私はこれが合ってるんだからしょうがない^^
人生いろいろ、読み方もいろいろですね。
参考になれば幸いです^^


らんなん
おつです。
やっぱり、脳の問題なんですね。納得しますねこれ。自分もそう思っていました。これは、理屈じゃなくてそういうのがありますね。トレード。だから知らなくてもいいこともあるし、それ以上覚えちゃダメだってのもトレードにはあるような気がします。


BBJ
おはようございます。

悲観論者は機会を困難に変え、楽観論者は困難を機会に変える。
いい言葉ですね(^^)
私は完全に楽観論者のようなので、この言葉に共感できます。
ロスカットもすぐに忘れることができるしwww
最近、勝ち負けに一喜一憂しなくなったことは成長できたかなと思うところですね。
まだまだ未熟ですがwww
今日もがんばっていきましょう(^^)v

らんなんさん^^
インベスター00
こんにちは^^

結局トレードって自分の頭の中に行き着くのかなぁ?
相場を分析することより、自分の脳みその分析が面白くなってきた今日この頃です^^

BBJさん^^
インベスター00
こんにちは^^

ピンチはチャンス、物事は捉え方しだいですね^^
私もかなりの楽観論者です。後悔することは全くといっていいほどありませんし、最近は失敗をどんどんしていきたいとさえ思ってるほどです^^

コメントを閉じる▲
って本を読んだ。

人間、いつも集中できれば苦労はないのですが、
集中が途切れることってありますよね。

集中、いわゆるゾーンに入った状態。

どうすればゾーンに入れるのか。

連敗して熱くなったり・・・、
逆に、やる気が出ず適当にトレードしてみたり・・・。

熱くなってるときはどうすればいいか、
やる気が出ないときはどうすればいいか、書いてあります。

自分が今どういう状態にいるのかによって、
対処の仕方が違ってきます。

1_20110119002043.jpg
熱くなっている時は、右側のオーバーヒートにいる状態。

やる気がでないなぁ、って時は左側の意欲低下にいる状態。

真ん中のゾーンにうまく自分を導いてあげることが大切ですね。




ブログ更新のはげみになりますので
もしよろしければ、ポチっポチっと応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ人気ブログランキングへ

【2011/01/19 00:37】 | 私的な書籍データベース
トラックバック(0) |

No title
Market_Surf
いつも楽しく拝見しています。

「集中」ってことで、前に聞いたことがあったのですが、
なんだったかなぁ・・・ww

集中するっていうと寝食忘れて何かに没頭するみたいな
イメージだけど、
その状態では視野が狭くなり、普段気付くことに気付けない。
なので良い結果が生まれない。
過ぎたるは・・・みたいな感じかな?
やる気がみなぎっているが、いつも通りリラックス・・・

↑これが集中なんかなぁ?

てゆーたって、ポジった瞬間から
んなこたぁできないですよね?w

ポジってストップ入れて、しばらくその間読書・・・♪
なんてまだ俺できません。



Market_Surfさん^^
インベスター00
こんばんは^^

>やる気がみなぎっているが、いつも通りリラックス・・・
ゾーンってそういう感じのことらしいですよ^^
さすがMarket_Surfさんご存知でしたか。

この本によると、自分を自己分析し、どういう状態か把握して、
いろいろ対処するみたいです。

ほんとトレードって精神修行ですね。
ポジってるときもいつ何時も冷静沈着、リラックスして読書しながらトレード。
仙人のようですね^^
でも目指したい境地です!

No title
Market_Surf
ゾーンはご存知じゃなかったです。すいません。

でもね、これができないんです(T_T)
頭ではわかっていても・・・ってやつですわ。

ポジって指すもん指したらチャートを見ない!
枚数増やしたら、金額は見ない!
てか頭がハゲそうで見たくもない!

視覚から入る情報が全体の80%を占める?でしたっけ?
だから惑わされるので、「見ない」が一番かな?w

でも見ちゃう♪ちょっとだけってw

こんなんで最近、悩んでます。

相場が動かない週末になると何だかホッとする自分がいます。
ストレスから開放されるというのか、やらなくて済むっていうかですね・・・。
なんか嫌な状態です。誰からも強要されているわけではないのにね。

勝率が悪くてもトータルで利益を確保できていれば問題ないのに。

こういうときはやらないほうがいいですわ。


Market_Surfsann
インベスター00
> ゾーンはご存知じゃなかったです。すいません。
>
> でもね、これができないんです(T_T)
> 頭ではわかっていても・・・ってやつですわ。
>
> ポジって指すもん指したらチャートを見ない!
> 枚数増やしたら、金額は見ない!
> てか頭がハゲそうで見たくもない!
>
> 視覚から入る情報が全体の80%を占める?でしたっけ?
> だから惑わされるので、「見ない」が一番かな?w
>
> でも見ちゃう♪ちょっとだけってw
>
> こんなんで最近、悩んでます。
>
> 相場が動かない週末になると何だかホッとする自分がいます。
> ストレスから開放されるというのか、やらなくて済むっていうかですね・・・。
> なんか嫌な状態です。誰からも強要されているわけではないのにね。
>
> 勝率が悪くてもトータルで利益を確保できていれば問題ないのに。
>
> こういうときはやらないほうがいいですわ。


Market_Surfさん^^
インベスター00
こんばんは^^

ポジった後は相場を見ない、これ結構うまくいきますよね。
トレードに邪魔なのは自分自身か・・・。

Market_Surfさんの悩み、よ~く分かります!
自分自身がここまで思うとおりに動いてくれないとは
トレードするまで思いもよりませんでした。自己嫌悪の連続ですね。
何回同じ失敗すれば気が済むの?って何回思ったか^^

こういう苦しみはトップトレーダーはみな通った道なんだ、って
自分に言い聞かせて、コツコツやるしかないなぁって思ってます。

懲りずに何回でも立ち上がって、共にがんばっていきましょう!
夢は僕らの手の中!

鼻毛が見えた事あります
チョッパー
今日は。

私、15年ほど卓球やってたんですけど、中学の時に一度だけ恐ろしいほど集中したことあります。
回転する玉のマークもはっきり見えたし、激しいラリーの途中で、「あいつこんなに強かったっけ?」って言いながら笑ってる先生の鼻毛まで見えるほど、周りの状況まで目に入りました。

あれほどの集中力はこれからの人生でもないでしょうね。
もう一度あれを味わいたいです。
あるとしたら将棋・・・かな。

そうそう、ここから本注文しましたよ。
また紹介してください。

チョッパーさん^^
インベスター00
こんにちは^^

鼻毛も見えるほどですか^^
すごい集中力ですね!
私はそんな状態になったことないんで、1回でもいいから経験してみたいです。

注文もしていただきありがとうございます。
トレードはメンタル管理がとても大切かと思いますが、それに役立つ本だと思います。
来週もトレードがんばりましょう!!

コメントを閉じる▲
読んだ本の私的なメモです。

私以外にはあんまり役には立ちません・・・。

『脳を活かす勉強法』という茂木健一郎さんが書いた本。

以下、頭に残ったこと。




高めハードルを設定し、それを超えると
脳が快感物質ドーパミンを出して快感を感じる。

そうするとまたその快感が味わいたくて、またやる。

そのサイクルを回していく。


脳に負荷をかける→タイムプレッシャー

成果を他人と比較しても脳は喜ばない。

勉強は速く、量をこなし、没頭してやる。

思い立ったらすぐにやる。

数分と短い時間でも集中してやる。

朝がゴールデンタイム。
(寝てる間に頭が整理されてすっきりしてるから)




ブログ更新のはげみになりますので
もしよろしければ、ポチっポチっと応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ人気ブログランキングへ


【2010/12/26 15:44】 | 私的な書籍データベース
トラックバック(0) |

No title
mayumax54
今年はいろいろとありがとうございました。
来年も切磋琢磨お互い頑張りましょう!
よろしくお願いします!!

mayumax54さん^^
インベスター00
こんばんは^^

こちらこそいろいろとお世話になりました。
mayumax54さんのブログを拝見して、いつもいい刺激をいただいてます^^
来年はお互いにいい年になればいいですね。
来年もよろしくお願いします。

No title
BBJ
おはようございます。

ついに大晦日ですね。
今年も一年お疲れ様でした。
そしてお世話になりました。
来年は、大きく飛躍できるようにしたいですね!!
来年もよろしくお願いします。
では、良いお年を(^^)v2

BBJさん^^
インベスター00
こんばんは^^

1年が早いですね。
来年はやるべきことをやって飛躍したいです^^
正念場の年と思っています。

いつもコメントいただきありがとうございます。
1年間お世話になりました。
来年もよろしくお願いします!
良いお年を^^

No title
BBJ
明けましておめでとうございます(^^)

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
ついに新年ですね!!
気持ちを新たにトレードして行こうと思います。
今年もよろしくお願いします(^^)v

BBJさん^^
インベスター00
こんばんは^^

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今年は大きく飛躍できるように、今まで以上に精進していきたいと思います。

お互いがんばっていきましょう!!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。