限りある時間を無駄にせず、限りない自分の可能性を追求していきます。

インジケーターって何でしょう?

レート(価格)を見てるだけでは相場がどうなってるか、いまいち分かりません。


それを分かりやすく見やすくしたものがチャートとインジケーター。


私はチャートに表示されたインジケーターはただのグラフだと思ってます。


それぞれのグラフに特徴はありますが、優劣はないと思います。


どれが自分に合っているか、好きか、見やすいか、使いやすいか、ただそれだけです。


円グラフ?棒グラフ?


バーチャート?ロウソク足?平均足?


ボリバン?ストキャス?ADX?


好きなの使えばいいじゃん。


どんなインジを使おうが、どんなインジの組み合わせにしようが、もとをたどればレート(価格)です。


ちなみに私は、相場の方向性と勢いと動く範囲の目安を知りたいので、ボリバンと移動平均線をロウソク足のチャートに表示して使っています。


以前はMACDやADXを使ってましたが、他のもので代用できるのでやめました。


平均足を使ったりもしましたが、しっくりこなかったのでやめました。


トレンドラインを引くのも結構前にやめました。トレンドラインて引く人によって引き方が変わるんですもん。

え?そんな引き方するの?ただのこじつけじゃん?て引き方できますし。


水平線は引きます。人によって引き方はほぼ変わらないですから。


と、いろいろ書きましたが、正反対のことをして勝ってる人もいるでしょう。


相場って面白い。

思えば遠くに来たもんだ

ボラが少し大きくなってきましたね。

専業になる計画は狂いましたが、いずれは専業になるので株の勉強をはじめました。

FXをはじめた頃を思い出した。



右も左も分からないクセに、根拠のない自信だけは過剰にあり、結果大損することになったあの頃。

でもいつの間にか成長したんだと気づいた。



スキャのはずが損切りできずにそのまま就寝とか、


負けて熱くなり2倍、3倍のポジでエントリーとか、


負けて熱くなりとにかくエントリーしまくるとか、


負けて1日が終わるのが嫌だから勝つまでやるとか、



いつの間にかやらないようになっていた。

ある日を境に急にできるようになったのではなく、いつの間にか。



心境も変化しました。

去年くらいまでトレードで○億作る!とか目標にしてたけど、その目標がどうでも良くなってきた。

達成してもないのに。

新しい目標に向かって進みます。

結果をピタリと的中させた人の話

ワールドカップが開催されております。


たまにニュースで、ワールドカップの試合結果をピタリと的中させたすごい人!というのを目にします。


あの、何もすごくないですから。


ワールドカップの予想をしている人は世界中にいます。何万人、何十万人、何百万人いるのかはわかりませんが。


当たり前ですが、その中の誰かは的中するわけです。(勝ち負けだけでなく点数まで)


もちろん、的中させた人は試合の結果を予想するのがうまい人かもしれません。


でも数試合の結果では実力なのか運なのか分かりません。


サンプル数が少なすぎます。


投資、トレードも同じですね。


アベノミクスで儲けた人が雑誌にのっていますが、その中で本当に実力がある人はどれだけいるのでしょう。


以前似たような記事を書きました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
史上最大のボロ儲け


そんなお前は実力はあるのか?と言われないようトレードに精進します。

長期的に見れば円安になるという話

「一時的に円高になったとしても、長期的には大きく円安になる」


私がFXをはじめた2007年にも言われていました。


2007年にはドル円が124円台だったのですが、数年後にはなんと70円台に突入するという当時では考えられなかった展開となりました。


その時も言われていました。


「長期的には円安になる」


今は100円を超えていますが、こう言っている人がいます。


「長期的には円安になる」


今後、暴落で80円台とか行くかもしれません。


その時も言われるでしょう。


「長期的には円安になる」


ずっと言っていればいつかは当たりますわな。

使っているインジケーター

みんな大好きボリンジャーバンド(略してボリバン)


みんなのアイドル単純移動平均線


今現在使っているのはこれだけだ。


以前はMACDとかADXとか使ってた。(過去の記事にチャート設定がある)


でもADXはボリバンで代用できるし、MACDはいつの間にか使わなくなった。


ボリバンは開いたり閉じたりするところや、±1σが個人的に非常に重要。
記事カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


相互リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
Twitter(つぶやき)
トレード中に頭で考えてることをつぶやいてます(´ε`)
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私の使っている口座
取引量日本一です。
この言葉を胸に生きよ
10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。

なら、今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。
プロフィール

いんべす

Author:いんべす
年齢 30代後半 AB型

自己紹介

2013年12月現在



●’07年6月FXデビュー

●’07年ビギナーズラックもなく、いきなりサブプライムで損失(´Д`)

●’08年以降もなかなか勝てない日々

●’09年3月商材を1つだけ購入して同時にブログをスタート

●’13年過去の損失を利子をつけて相場から引き出すことに成功。

いよいよ専業になる日が近づいてきた(´▽`)

・・・と思ったら会社の仕事が楽しくなってきた(- -)

トレードのつぼ(自分用)
●相場に感謝。
●目先の勝ち負けはどうでもいい。大事なのはルールを守ったかどうか。
●感情ではなくチャートで全てを判断する。
●目先の利益が欲しいのか?それともトータルで勝ちたいのか?
●後悔のないトレードを繰り返す。
●負けているときに実力が問われる。
●何事も起こりうる。
●数万回のうちの1トレード。
ブログランキング
いろいろなブログを見るといろいろな手法、考え方、情報を知ることができますよね(^-^*)
にほんブログ村 為替ブログへ
トレード情報源リンク(自分用)
読んだトレード本 5☆
何回も読み返したい本です。
読んだトレード本 4☆
良い本です。
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み
トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる
投資の行動心理学
トレーダーの心理学―トレーディングコーチが伝授する達人への道
高勝率トレード学のススメ
相場で負けたときに読む本 ~真理編~
相場で負けたときに読む本 実践編
マンガ 投資の心理学 (ウィザードコミックス)
実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法
行動ファイナンス入門
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
はじめてのテクニカル分析―相場の正しい捉え方
FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方
超カンタン アメリカ最強のFX理論
FX チャートリーディング マスターブック 
外国為替トレード 勝利の方程式
天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方
~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX
不合理な地球人 お金とココロの行動経済学
“生涯現役”の株式トレード技術
元プロ・ディーラーが明かす外為FX(外国為替証拠金取引)勝者の条件
二階堂重人の常勝トレード黄金ルール
気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧
投資苑
史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか
億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密
チャーリー中山の投資哲学と堀内昭利の相場戦陣訓
魔術師が贈る55のメッセージ
[オーディオブックCD] 魔術師が贈る55のメッセージ
FXチャート実践帳 スキャルピング編
欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
通貨経済学入門
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
読んだトレード本 3☆
読んだ本(長期投資用)
長期投資のための本
ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
月光! マネー学                                                      
本棚
今までに読んだ本と見た映画です。